二次会挨拶のポイント

披露宴で友人や新郎のスピーチが取り入れられることは多いですが、二次会でもスピーチを取り入れることがあります。
どういった内容にするかというのは、参加者によって変えることが大切です。
友人中心の場合はくだけた感じのスピーチで問題ありませんが、新郎新婦の上司や取引先の人などが参加している場合は、ある程度固めの挨拶が望ましいでしょう。
会場の雰囲気を考慮したうえで、言葉遣いや言葉の選択を考えることが大切です。

結婚式の二次会はゲームや余興なども行うことが多いため、スピーチはあまり長すぎないようにする必要があります。
できるだけコンパクトにまとめるようにしましょう。
はじめに全体的な流れを考えて、それぞれ項目で分けるようにします。
入れておきたい項目としては、簡単な自己紹介、お祝いの言葉、エピソードなどが挙げられます。
そして、起承転結を考え、これらの具体的な内容を考えていきます。

二次会では乾杯することが多いですが、そこで簡単な挨拶をする場合もあります。
二次会参加者の多くは披露宴から参加しているため、それほど空腹を感じていない人がほとんどです。
そのため、乾杯を頼まれた友人はユーモアのある軽い挨拶を盛り込むのもいいでしょう。
結婚式や披露宴についての感想なども述べるようにすると、好印象です。
つづいては、新郎からの挨拶と友人からの挨拶、それぞれのポイントについて具体的に解説します。
スピーチをするという新郎、友人代表としてスピーチするという人は参考にしてください。

Copyright © 2014 どんな内容がいい?二次会でのスピーチ All Rights Reserved.